あなたのところに大きな望遠鏡がやってくる
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2020年12月

月別アーカイブ: 2020年12月

曇ったけれど一発大物!ふたご座流星群2020年12月14日

2020年のふたご座流星群は月明りの影響もなく好条件 ・・・のはずでしたが曇りました。 でも雲の中にひとつ大物がピカリ! 北西の低空でしたが雲を通して光りました。雲がなければ壮観だったと思います。 ふたご座流星群は安定し …

今年、2020年は「奇跡のクリスマス」木星、土星が超接近!

クリスマスは何の日? クリスマスは「キリストの誕生日」と誤解していませんか?実はキリストの誕生日は聖書にもかいておらず、キリスト教でもキリストの誕生を祝う日とされています。ではなぜ12月25日をクリスマスとしたのかという …

昨日は「フル・ビーバー・ムーン」で「半影月食」!

昨日の満月は北米、ネイティブ・アメリカンの部族の呼び名から「Full Beaver Monn(フル・ビーバー・ムーン)」と呼ばれています。これはビーバーが冬を前に巣を作る、あの「ビーバー・ダム」をがんばって作るからだそうです。ビーバー・ムーンとはかわいらしい名前ですね。

2021年(令和3年)1月の星空情報を掲載しました

火星はしだいに遠くなり、明るさもさらに暗くなりますが夕方の空高く見えます。21日には月とならんで見えます。三大流星群のひとつ「しぶんぎ座流星群」が3日23時ごろに極大(ピーク)を迎えます。今年は満月近い月明りの影響がありますが要注意です。金星は夜明け前の東の空低くなります。12日には細い月とならんで見えます。木星と土星は夕方西の空低くなりますが、14日から15日には月、水星とならんで見えます。南西の空低空ですが空の開けたところで観察できます。24日水星が東方最大離角となり、夕方南西の空低くで観察のチャンスを迎えます。29日の満月は「フル・ウルフ・ムーン(狼月)」の名前があります。暦では5日が「小寒」、20日が「大寒」です。

那須香大阪天文台Facebook

中島健次twitter

YouTubeチャンネル

大型望遠鏡で見てみませんか!

天文台長のネクタイ

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

趣味のページリンク【天文以外】

検索

富田林市市制施行70周年

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.