Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

皆様新年あけましておめでとうございます。今年も那須香大阪天文台をよろしくお願いいたします。

早速ですが2021年2月の星空情報アップロードしました。

2021年2月の星空

火星は離れましたがまだ1等級の明るさがあり、夕方の空高く見えます。19日には月とならんで見えます。夜の早いうちから冬の大三角を含めた冬の星座を見ることができ、「南極老人星」の名もある「カノープス」を見るチャンスでもあります。27日は満月で「フル・スノームーン」の名前もあります。暦では2月2日が節分、3日が立春18日が雨水です2日が節分、3日が立春となるのは明治改暦以来、1897年(明治30年)から124年ぶりのことになります。

2021年(令和3年)2月の星空 節分と立春、節分が2月2日に!スノームーン。