Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

2020年(令和2年)11月の星空情報を再アップロードしました。

火星がまだ接近中で東~南の空に明るく見えます。木星、土星も夕方の南西の空に見えています。11日は水星が西方最大離角となり、夜明け前に見るチャンスです。17日深夜から18日夜明け前はしし座流星群のピークが予想されます。またおうし座流星群の期間で明るい流星や火球も見えるチャンスがあります。30日の満月は「フル・ビーバー・ムーン(ビーバーの月)」の名前があります。またこの満月は半影月食となり、一部が少し暗くなります。暦では7日が「立冬」、22日が「小雪」です。

サーバーメンテナンスの関連で際アップロードいたしました。ご迷惑をおかけしました。

2020年(令和2年)11月の星空 火星がまだ接近中!木星、土星も観察しましょう!