Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

2021年8月の星空

2日に土星が、20日に木星が相次いで衝の位置となり望遠鏡での観測の好機となります。11日には金星と月が西の空低くならびます。13日未明にはペルセウス座流星群がピークを迎え、今年は月明りの影響がない絶好の機会です。またはくちょうκ流星群も期待できます。22日の満月は「フル・スタージョン・ムーン」ともよばれます。木星と土星と月の接近が20日から22に見られます。暦では今年の旧七夕(伝統的七夕)は14日です。7日が立秋、23日が処暑、31日が二百十日です。

2021年(令和3年)8月の星空 木星、土星、今年のペルセウス座流星群は?