Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

6月19日、今日は雨・・・

昨日はたいへんな1日でした。17日に望遠鏡のテスト状況をあげて、そして昨日にアップロード予定だったのですが・・・地震。

これは16日のテストの日の写真です。

まずは夕方の西の空。

19:27

19:36

20:10

刻々と変わる夕空でした。こんなに変わるのが夕焼け空!月の暗いところも燃えていますが、これは「地球照(ちきゅうしょう)」太陽の光を受けて地球が光る・・・そしてその地球の光を受けて月が照らされる・・・これが地球照dす。明るいところは太陽の光に直接照らされているところです。

望遠鏡では・・・・きれいでした・・・

金星はフィルターの影響か・・・ちょっと鮮明なようです。

木星は望遠鏡では大赤斑が左下、微妙な位置でも写っています。

土星はちょっと暗めですが、手でかざさなくても写ります。

x-default

火星は模様が見えませんでした。天候(シーイング)には勝てません。

そこで4本スポーク効果も兼ねて星団です。まずはさそり座の毒針にあるM7散開星団

M7

 

次にそのすぐ隣のM6散開星団

M6

つぎに球状星団、さそり座のアンタレスのとなり、M4これはすごくまばらな球状星団です。

M4

つぎに「球状星団といえばこれ!」というヘルクレス座M13。これは球状ですねぇ・・・市街地でも見えるんです。

M13

そして散光星雲HII領域、M8です。

薄いですけど・・・赤い・・実にいい・・・肉眼ではほんとうにぼんやりですが41cmの「集光力」という力技で見えます!次にNASAの写真でも有名なM16

M16

まあ・・・何とか見えます・・・

そして「星雲」といえば「環状星雲」「リング星雲」「ドーナツ星雲」で有名なM57、これって9等クラスなんですが・・・

穴が見えます!!そして最期にM39

これあまり有名じゃないです・・・まばらな散開星団ですがはくちょう座、高く見えるので、観望会で雲が多いときの救世主です。

今日は星雲星団でしたが、コントラストが上がったようで、恒星の美しさを上げる効果はじゅうぶんでした。