Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

今日は雨・・・さきほど雲の間からちらりと月が見えましたが今は一面の雲・・・

今日は先日、庭で収穫したびわで「コンポート」を作ってみました。

まずは材料

  • びわ40個小さめの自家製(市販のものだと25~30個くらい)
  • 「キリートレモン」「レモンジーナ」1本500ml
  • 砂糖大さじ1杯
  • ハチミツ大さじ1杯
  • 水200ml

まずビワの皮をむきます。これはわりとむきやすかったような。

むきました!次に種と種のまわりの薄皮をとります。

けっこうたいへんです・・・スプーンを使うとわりと楽なのですが・・・

水につけておかないとすぐに変色してしまいます。

キリートレモンをつかいました。炭酸が入っているとやわらかくなりやすいそうですが水でもいいそうです。そのときは砂糖かはちみつも増量です。

水のときはハチミツ大さじ2杯、砂糖2杯ですが今回はハチミツ1杯と砂糖1杯・・・少し甘めなのは今年のびわは少し甘みが少なかったようでしたので。

そして煮込みます・・・いきなり大量の「灰汁(あく)」発生!

あわてましたが全部とって・・・沸騰して分弱火で煮込みました。

火を止めて冷まします・・・味見・・・甘酸っぱい何となく深いびわの風味が濃い味わいに!

かみさんの味見OKが出ましたので瓶詰めです。大き目のジャム瓶2つ分+シロップ1杯。甘酸っぱい、梅雨のジメジメにぴったりかも!びわは元は茂木びわの食べた後の種をまいてみたら生えてきたので1本残しました。昨年8年目くらいで実をはじめてつけました。今年は小さめで40個、きずやカラスに食べられて20個くらいダメでしたが、放置しても実をつけるんですね。

甘酸っぱいものといえばあんずジャムにクラッカー+このカナディアンウィスキーが最高だと思うのですが・・・

この「Seagram’s VO」日本ではもうなかなか入手できないんですね・・・カナディアンウィスキーは好きな方が少なくて、これが最後の1本、置いています。空ける勇気がない・・・

※びわやぐみの種は使わないでください!中毒症状を起こすことがあります。