Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

大阪府門真市、門真市民プラザ、青少年活動センターでの観望会

見えました!雲は多かったのですが雲の間を月が。

20cm望遠鏡での月

実は後半時間があったのでスマホで月の撮影会を行いました。20cm望遠鏡は西村製作所のもので精度がよく、副鏡の影響が少ないのでスマホ撮影に向いています!

皆様といっしょに月に合わせながらほとんどの方がうまく撮影していただけました!観望会の中でもこんなイベントもできるんです!見るだけじゃなく【お土産】持って帰れますよね!

あとは火星です!10月6日の最接近からずいぶんすぎてしまったのですが。。。

 

41cm望遠鏡での火星

41cm望遠鏡だとまだまだ模様見えるんですよね。これよくネットにある合成加工したものではなく、小さなデジカメを手持ちで接眼部に合わせてシャッター押しただけです!見えたまんまに近いのがこの写真です。シルチス(火星の地形)のあたりが写っています。見えています!41cm望遠鏡だとまだまだ火星は接近中です!

口径があるとこんなこともできますし、月の近くの「すばる」を手動で一発導入する「魔眼」のパフォーマンスもあったりと楽しんでいただけました。質問もあれこれ分野かまわずいただきましたが、「まだ聞き足りない!」とうれしいご意見もいただいたりと、寒い冬の中楽しい観望会をさせていただきました。

皆様もコロナ対策のうえに風邪にもご注意いただき星空をお楽しみください。