Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

梅雨ですね~~~

さすがにこれでは望遠鏡でも無理(ただし宇宙望遠鏡をのぞく)

そんなときには望遠鏡の接眼レンズ(つまり見るところ)にデジカメやスマートフォンのカメラをつけて動画で撮影した映像はいかがでしょうか?

普段の観望会ではたくさんの方に順番で見ていただくので一瞬、1シーンだけしか見ていただけません。

ですから、月の全体と時間があればクレーターなどで拡大したところを1シーンというくらいです。

そこで、動画で撮影しながら望遠鏡を動かしてみました。手動で動かしていますからちょっとガクガクしていますが、全体をまるで宇宙船で飛んでいるように見ていただけると思います。

このときの月は全体ではこんな状態です。

これを高倍率拡大した動画に音楽をつけてみました。前半はイングランド民謡「グリーンスリーブス」、できるだけ原曲のイメージを残してみました。後半はマスネ作曲の「タイスの瞑想曲」ですがこちらは大きくアレンジしています。クリスタルアレンジVer.「Thais.Y」です。マスネの楽譜指示をテンポ、曲調ともに無視しています。「長い年月動かなかったオルゴールが、再び音を取り戻す」これがこの曲のイメージです。ちなみに「Y」は妻の名前の頭文字です。実は私は右耳の聴力がなく、左耳も半分ほどしかありません。何とか自動車の運転免許は取れるのですが、聴力の無い右耳も良性ですが腫瘍あり、長い入院生活がありまして・・・そのとき支えてくれた妻の姿をイメージして編曲したものです。プラネタリウム投影のときは別の編曲バージョンを使います。これは通常プラネタリウムではあまり使わず、「特別なプラネタリウム投影や観望会のときだけ」流す曲にしています。

通常は一瞬しか見えない、高倍率のクレーターをひとつひとつ見ていただけます。

生で、「ライブ」で楽しみたい!という方は・・・出張依頼いただければ貸切観望も可能です!

実は・・・エアコンの修理料金くらいで超大型望遠鏡や簡易プラネタリウムが貸切できるんです!「特別な」というのは「結婚式」「誕生日」「結婚記念日」などの特別な依頼のときということなんです。