Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

部分日食、何とか見えました!

2019年1月6日部分日食09:41(大阪富田林市)12cm望遠鏡+デジカメ

かなり苦戦した観測となりましたが、何とか記録することはできました。

最初は雲の中・・・

部分日食開始直前のようす08:21

撮影・観測体制

観測体制

この他に日食グラスや日食双眼鏡を配置、近隣の方にも見ていただけるよう対応しました。

2019年1月6日部分日食09:12(大阪富田林市)デジカメ望遠

絶望的な天候の中、わずかな晴れ間が。

最初に撮影した雲の間の部分日食09:29デジカメ望遠

最初に雲の間にかすかに見える欠けた太陽をデジカメ直接で撮影。フィルターなしですが、これでもかなり明るくした方です。黒い雲の中になんとなく存在がある程度でした。

自作望遠レンズと一眼レフによる日食09:35

そこで望遠鏡から望遠レンズを分離、身軽にして手持ち三脚で隙間を狙って撮影しました。

自作望遠レンズと一眼レフによる日食09:36

かなり明るくなりそうなので望遠鏡を向けて撮影開始!

2019年1月6日部分日食09:41(大阪富田林市)

やはり口径があるために雲があってもよく見えました。

2019年1月6日部分日食09:41(大阪富田林市)

しかしわずか1分足らず・・・・フィルターでは真っ黒に。でも食の最大直前を捉えました。

デジカメによる部分日食09:43

すぐに雲の中に入ってしまい、逆に肉眼で雲の向こうにかすかに見えていました。あまり見ると目が・・・

12cm望遠鏡による部分日食10:54

再び現れたのは食の最大をすぎてから、望遠鏡でもフィルターごしに何とか見えました。

12cm望遠鏡による部分日食11:04

もう食の終了直前にも見えました。何とか最後まで!

スポットスコープによる最後の追跡11:20

左上がわずかに欠けた食の終了です。

何とか食の最大前後と食の終了間際は撮影できました!

 

機材のほとんどを駆使した撮影で、こういう天候に対応するにはあらゆる場合に対応できる多様な機材が必要だと痛感しました。今までの経験が生かせて(無理やりですが)よかったかなと思います!