あなたのところに大きな望遠鏡がやってくる

2020年(令和2年)4月の星空。金星が最大光度。スーパームーン、ピンク・ムーン。

夕方、西の空の金星は3月25日、東方最大離角となり、空高く見えています。また、4月28日には最大光度となり、その輝きは最大となります。「宵の明星」の輝きを楽しみましょう。

 

4月8日、満月(Full Moon)「Super Moon(スーパームーン)」「Full Pink Moon(フル・ピンク・ムーン)」!

「スーパームーン」

月と地球との距離は日々変化しています。そのなかで近地点にくるときに満月もしくは新月になるときを近年ではスーパームーンと呼びます。占星術のことばですから天文学的な意味はありません。最も小さいときとのみかけの大きさの違いも13パーセントほどしかありませんので肉眼で見て大きさがわかるものではありません。

「Full Pink Moon(フル・ピンク・ムーン)」

北米ではネイティブ・アメリカンでは”Full Pink Moon”と呼ばれます。【ブルームーン】ではなく【ピンクムーン】!?この「ピンク」は日本の桜ではなく、”Moss Pink”(野生の芝桜)のことです。または”Ground phlox”(野生のフロックス:クサキョウチクトウ)の咲く季節の月という意味です。初春を告げる花で、北米ではこの季節に山や丘がピンク色に染まるそうです。日本では4月のピンク色といえば桜ですが、感覚的には一面がソメイヨシノで染まる山というところでしょうか。それほどの桜はなかなかありませんが那須香大阪天文台の近く「滝谷公園」はまさに一山ピンクに染まります。近鉄長野線、滝谷不動駅からすぐで、近鉄長野線「川西」ー「滝谷不動」ー「汐の宮」間でも走行中に東側の車窓から見えます。

「Full Sprouting Grass Moon(フル・スプローティング・グラス・ムーン)」

これは草の芽吹く月という意味です。春の訪れを告げるという名前です。

「Full Egg Moon(フル・エッグ・ムーン)」

これは「イースターエッグ」からです。イースター(復活祭)はもともと古代ヨーロッパの習慣で「春分祭」でしたが、キリスト教の広がりでキリストの復活した祭日として知られています。これはクリスマスがなぜ12月25日なのか?とよく似ていますね。ちなみにイースターは春分の日の次の満月の直近の日曜日とされていますので、春分の日(2020年は3月20日)の次の満月はこの4月8日の月です。

「Full Fish Moon(フル・フィッシュ・ムーン)」

この”Fish”魚は日本ではなじみのない「アロサ(Alosinae)」というニシン科の魚のなかまで、産卵のために川を遡上する生態があります。北米では「シャッド”Shad”」と呼ばれることもあります。バージニア州ではこのシャッドの遡上の漁の季節からさまざまな行事があるそうです。最近は河川の改修で遡上できなくなったところもあり、保護活動もあります。日本では遡上といえば鮭ですが、こちらも河川問題がありますのでそのような感じでしょうか・・・。ただ鮭の場合は秋から冬が遡上の季節です。

4月15日~17日未明 月と木星、土星、火星がならぶ

木星、土星、火星が夜明け前の南西の空であつまっていますが、そこを月が通ります。

2020年4月14日~18日夜明け前の南東の空

2020年4月14日~18日夜明け前の南東の空(印刷用)

 

4月22日「4月こと座流星群」が極大(ピーク)

1月のしぶんぎ座流星群以来の主要流星群ですが、時間当たりの個数は数個程度です。しかも今年のピーク予想時間は午後3時(日本時間)です。新月前で月明かりの影響はありません。

夜遅く、東の空に夏の大三角のひとつ、ベガが見え始めるころチャンスがあるかもしれません。

4月26日~27日夕方 月と金星がならぶ

2020年4月26日~27日夕方の西の空

2020年4月26日~27日夕方の西の空(印刷用)

4月28日 金星が最大光度

夕方西の空で見えている金星が最大光度、マイナス4.5等になります。金星は厚い雲におおわれているため反射率が高く、みかけの表面積が大きくなる三日月状になるときが最大光度となります。

近くにはまだ月がありますので美しい夕方の景色となるでしょう。

C2019 Y4 ATLAS彗星が増光中

「アトラス彗星」が4月末ごろにきりん座で明るくなる見込みです。5月末には0等クラスにまで増光するという予想もあります。これからが楽しみな彗星です。

4月の情報(満月の詳細は上記)

  • 1日 上弦(First Quarter Moon)
  • 5日 十三夜(Waxing Gibbous Moon)
  • 7日 十五夜
  • 8日 満月(Full Moon),望(Full Wolf Moon<Full Cold Moon>)
  • 8日 十六夜※旧暦ではこうなります。
  • 9日 立待月
  • 10日 居待月(Waning Gibbous Moon)
  • 11日 寝待月
  • 13日 更待月
  • 15日 下弦(Last Quarter Moon)
  • 22日前後 有明の月(Waning Crescent Moon)
  • 23日 新月.朔(New Moon)
  • 24日 二日月(Paper Moon)
  • 25日 三日月(Waxing Crescent Moon)

★那須香大阪天文台の星空情報★

イベント開催のお問い合わせはフォームまたはこちらへ(留守電にお名前ご連絡先、ご用件で折り返しいたします) TEL 0721-20-0504 電話での天文現象などのお問い合わせはできません。低料金で講演会、質問会の開催ができますのでご依頼ください。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.