Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

新型コロナウィルス拡大防止に対応した天体観望会、プラネタリウムを実施いたします

緊急事態宣言が各地で解除され、拡大防止対策に留意した施設、イベントが再開されることになりました。

今後は天体観望会、プラネタリウムにも新型コロナウィルスの拡大防止対策を求められることを考慮し、実施に際しても必要な措置をしたうえで開催させていただくことにいたしました。

天体観望会

  • 望遠鏡1台につき1名のスタッフを配置し、観察者1名ごとに接眼部の消毒に対応する。
  • 来場者の待機列は1.5m以上の間隔を確保するようガイダンスを実施する。
  • 行列は間隔確保を優先し、会場に合わせて1台あたり10~20名程度に制限する。
  • 解説は拡声器を使用し、来場者との距離を確保する。
  • 消毒対応にあたり位置ずれを極力低減するため重量のある中口径以上の望遠鏡を使用する。
  • 観望補助器具は原則踏み台を使用し、会場には消毒液を配置する。
  • バリアフリーシステム使用の場合は換装と消毒対応にかかる時間に留意し、開催者に了承いただく。
  • 観望会前解説にあたっては講演会開催対応に合わせたものとし、定員にも制限をする。
  • 解説者、補助員も含めてマスク着用、消毒対応を徹底する。
  • 来場者にはマスク着用、消毒対応を徹底していただきソーシャルディスタンス確保を徹底していただく。

講演会、オープンプラネタリウム

  • 来場者の着席間隔をじゅうぶんに確保し、各行政および施設で定めた感染防止定員を遵守する。
  • 解説は拡声器を使用し来場者との距離を確保する。
  • 会場にはプラネタリウムよりプロジェクターやオープンプラネタリウム・ファントムを使用する。
  • 公演時にはマスク着用とし、手指消毒を徹底する。
  • 来場者にはマスク着用、消毒対応を徹底していただくよう案内する。

エアドーム・プラネタリウム

  • 6mエアドームの定員を1回あたり15名とし来場者間の間隔をじゅうぶんに確保する。
  • 換気はエアドーム送気を常に最大作動させ、1回ごとに換気を行い回の間隔を20分確保する。
  • 設置会場も体育館などの窓を開放するなど換気を確保していただく。
  • ドーム待ち行列は間隔を1.5m以上確保しガイダンスを行う人員を配置する。
  • 解説者はマスク着用を徹底し、解説中は移動してのパフォーマンスは当面行わない。
  • スタッフにもマスク着用、適宜消毒対応を徹底させる。
  • 来場者にはナスク着用、消毒対応を徹底していただくよう案内する。

上記以外にも会場に合わせて感染防止対応を行っていただくよう協議したうえで開催できるよう進めてまいります。